« グーグーだって猫である | トップページ | 十五夜と十三夜 »

曖昧な記憶

Photo_2 グーグーだって猫であるの舞台となっているのは吉祥寺。

いせやというやきとりやさんがでてくる。ここはよくテレビで紹介されている。

ここにいったような気がするのだが、はっきりと思い出せない。

編集KさんとイラストレーターAさんの3人でやきとりやさんにいったことは覚えている。

店の入り口付近のベンチみたいなところに座って、焼き鳥を食べた。お酒の飲めないAさんはコーラを飲んでいたと思う・・・。

まだ日がくれてない夕方で、すごく短い時間だったような気がする。

そのシーンだけ鮮明に覚えている。

でも、お店の名前も、何でそこにいったのか、その前後のこともまるで覚えていない。

曖昧な記憶。

人は覚えていなくていいこと、覚えていたくないことは忘れるらしい。

映画をみて、一番に思ったことは大の猫好きだった編集Kさんのこと。

「猫飼いなよ。弱い存在がいると強くなれるよ」。何度もそういっていた。

Kさん,先に旅立っていった猫たちと会うことができましたか?

Kさんから誕生日のお祝いにもらったお皿。月と雲。

|

« グーグーだって猫である | トップページ | 十五夜と十三夜 »

食器・キッチン用品」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。