« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

善光寺

Photo_3 「そうだ 京都へいこう」というJR東海のCMをみると京都にいきたくなる。

6月のある日、JR東日本のCMで善光寺をみていたら、「そうだ、善光寺にいこう」という気分になった。小布施の枡一客殿にいきたいと思っていたので、長野にいって、小布施にいけば完璧。というわけで、突然、善光寺にいってきた。

大学時代の友人の実家が善光寺の参道でお店をやっているという話をきいていたので、いってみたいと心のすみっこで思っていたのだろう。

善光寺は慣れ親しんだ大宰府天満宮のように参道にたくさんのお店が並ぶ大きなお寺。とってもにぎわっている参道をぬけた先にどっしりとたたずんでいる。ひっきりなしに人が訪れる。ぱーっとあかるく開けているように思った。

Photo_4 招き猫が可愛かったのでおみくじをひいてみた。

以前、三十三間堂でひいた七福神おみくじみたいに招き猫の色やどちらの手をあげているかだけで占うのだと思っていたら、しっかりおみくじがはいっていた。しまった・・・恋みくじだけしかひかないことにしていたのに・・・。でも、今の自分の胸にずしりとひびくいいことが書いてあったので気持ちが晴れやかになった。よかった、善光寺におまいりにきて。

牛にひかれて善光寺という、よくいわれる言葉が、自分が意図したことではなく、思いがけないことでよい方向に導かれるということだとは知らなかった。JR東日本のCMにひかれて善光寺っていうのもなかなかよい決断だった。

| | コメント (0)

月と天神さま

Photo_2 月夜に梅の花を見る

お月さまは ぴかぴかの雪みたい

梅の花たちはきらきら星のよう

いいなぁ 金のかがみがくるりと

庭のうえ、梅の香りにさそわれて

菅原道真公が11歳のときに詠んだ漢詩の意訳が「国宝 天神さまー菅原道真の時代と天満宮の至宝」(9月23日ー11月30日 九州国立博物館にて)のリーフレットにのっていた。

天神さまと月には深いかかわりがあったんだ・・・とまた不思議なご縁を感じる。

もうすぐ十五夜・・・。

| | コメント (0)

焼津神社

Photo_2 久能山東照宮の翌日は焼津神社へ。

ヒーラーRちゃんに「一度おまいりするといいですよ」といわれて、ずっと気になっていたので「やっときたよー」という感じ。

焼津神社は緑の中にゆったりとただずんでいた。

本殿のお賽銭箱の上にはにわとり。のーんびりした時間が流れる。

境内に菅原道真公の歌碑と牛の像があったのにはびっくり。

Photo_3 ここでもまた天神様とのご縁を感じる。

Photo_4 大きな木の穴には妖精がすんでいる。そんなことを思わせる。

焼津神社参拝の後ずっと頭痛がしていた。頭痛薬をのんでも、なおらなかっただけど、焼津からはなれて静岡にむかう頃には回復。かなりパワーの強い場所だったんだなと後から思った。

| | コメント (0)

久能山東照宮

Photo ヒーラーRちゃんのおすすめでマリィ・プリマヴェラさんとともにでかけた久能山東照宮。

階段を1159段ものぼらないとたどりつかないときいたとき無理だと思った。ロープウェイを使って登る方法もあったのだ。なのに、階段でいってみようと思ったのはRちゃんの「階段をのぼっていくことで厄落としになるから」という言葉と「大丈夫です」という何だか力強い後おしがあったからだ。

でも、涼しかったとはいえ、30度近い気温の中での階段のぼりは病み上がりの体にはきつかった。後少しというところで、階段にすわりこんでしまった。二人はもうずっと先のほうをいっていてみえない。でも、後戻りするのはもっときつい。何とかのぼりきったところで力つき、しばらく横になっていた。

すぐに何とか復活できたのは幸いだった。

東照宮はきらびやかだった。日光東照宮より先に建てられたとのことだが、やはり類似点が多いように思った。

本殿の前をRちゃんがくるくるまわって、「ここのパワーがすごいですね」という。「わかる、わかる」とマリィさんがうなづく。完全復活していないせいか、私は何も感じることはできなかった。パワーの強い土地にいくと頭痛がするのだが、ときどき頭が痛くなる。そこがパワーが強いのだろうか。

Photo_2 開運招福お守り入りおみくじをひいてみた。おみくじの中に縁起物(熊手、小判、大黒、恵比寿、招き猫、小槌、無事かえる、銭亀、だるま、軍配うちわ、六瓢箪、お多福、鷽鳥)のうちひとつがはいっているという。

私がひいたのはよくないことを嘘にして吉と取り替える「うそ替え」神事に用いられる鷽鳥。

うそ替え神事といえば大宰府天満宮が有名。鷽は天神様のお使いといわれている。「天神様に守られている」、そのときそう思った。

Photo_3山の上からみる駿河湾はきれいだ。海をみながらの階段のぼりはあきないと書かれている。そんな余裕はなかったけど、海をながめることで力をもらえたのは確かだ。帰りは行きほどではなかったけど、やはり階段をおりるのは大変だった。水 でもあびたように汗びっしょりになった。

久能山東照宮におまいりしてみて、まだ自分の中に、1159段の階段を登り、降りするだけの体力と気力があったことがわかったってことはなかなかいい経験だったと思う。聖地というものはだいたい山奥にあるらしいから・・・。

| | コメント (0)

湯島天神

Photo 今年の初めぐらいから何だか湯島天神にいかなくちゃいけないような気がしていた。

梅の季節になるとテレビのニュースで紹介されることが多くなり、その気持ちもどんどん強くなっていった。

よく、神社やお寺に「よばれる」っていうけど、こういう事を言うのだろう。

Photo_25月なってようやく、毎月恒例のマリィ・プリマヴェラさんとのパワースポット巡りでいくことができた。

思ったよりコンパクトでびっくり。

菅原道真と牛はかかわりが深いということで、湯島ではあちこちに牛がみられた。太宰府天満宮に何度もいったけど、牛は気がつかなかったなぁ・・・。

もちろん、学問の神様だけあって、受験や入社試験祈願の絵馬がいっぱい。いつものようになつかしい気がした。

珍しい獅子舞のおみくじがあったのでひいてみた。おみくじをひくと獅子舞が運んでくれるというもの。子供の頃、京都の八坂神社で鳥のおみくじ(本物の鳥がおみくじを運んでくれるというもの)をひいたことがあって、それを思い出した。学問の神様だけど、なぜか恋みくじ・・・。

太宰府天満宮にお参りにこれないときは湯島天神にいってくださいといわれたことがあった。長いことお参りしてないことが気になっていたので少しだけほっとした。

| | コメント (0)

アクセサリーの魔法6 魚のモチーフ

Photo_2 魚は生命、豊穣をあらわします。

インドでは金運アップのお守り。なかでも、クジラは魚の王なので一番パワフル。

写真は軽井沢のアウトレットで購入した指輪。月とクジラの尾が描かれています。成功の色ブルーだし、金運アップに効果ありそうですね。

| | コメント (0)

アクセサリーの魔法5 ハート

Photo_6 ハートは生命、愛、友情のシンボル。

ラブ運アップには絶大な効果あり。

女性の守り神月と希望の星とともにつければこわいものなし。

ハートは喉の位置につけると何もいわずに相手に思いが伝わるという節もあります。

これはちょっと鎖が長いですけどね。

GUESSと書いてあるのでたぶん香港で購入したのだと思います。

| | コメント (0)

アクセサリーの魔法4 GLASS

Photo_5 透明なガラスのアクセサリーは汚れなき清らかさ、純潔の象徴。

はかなさももつので気が強い女性はガラスのアクセサリーをつけるとバランスがよくなるかも。

銀が月の象徴なので、月のアクセは銀のほうが効果がありますが、太陽の象徴である金とあわせることでバランスがよくなります。

軽井沢のアウトレットで購入。

| | コメント (0)

アクセサリーの魔法3 WOOD

Photo_4 木は生命力のシンボル。創造力のシンボルでもあるので仕事や勉強運をアップさせたいとき、クリエィティブな活動をおこなうときにつけると効果的です。

聖なる炎をうみだすので災いからも守ってくれるでしょう。

月は満ちていく月(写真のむき)ほうがパワフルです。

| | コメント (0)

アクセサリーの魔法2 ブローチ

Photo_3  ブローチが魔よけの意味をもつようになったのはエジプト文明の頃といわれています。それまでは、衣服の布のをとめる実用的な道具として使われていました。

エジプト文明が起こると災いを払い、幸運を招くさまざまなシンボルをかたどったブローチが作られ、魔除けとして身につけられるようになりました。

ブローチは陽である右側につけるほうがラッキーとされています。

女性の守り神である月と希望の星、さらに陰である銀と陽である金をあしらったこのブローチは心身のバランスをととのえ、幸運を招きます。

| | コメント (0)

アクセサリーの魔法1 ブレスレット

Photo みなさんが何げなくつけているアクセサリーにもそれぞれ意味があり、災いを払って幸運をよびよせる効果があります。

月のアクセサリーを紹介していきながら、その効果についてお話することにしましょう。

ブレスレットはつけていると手を動かしにくいために、いやでもそこに意識が集中するため自分に対する戒めという意味をもっています。

なので、恋人の浮気心をおさえて愛を守るには抜群の効果があるといえます。恋人にプレゼントしたり、ペアでつけるのもいいですね。

| | コメント (0)

夢は成長する

Photo_4 靴を探す夢をいつも見ていた。

靴をぬいであがり、帰ろうとすると靴がない。探しても探しても靴がない。

私は自分の立ち位置をいつも探していたのだろう。

去年の夏か秋のはじめぐらいだったと思う。私は夢の中で汚れた足をふいていた。裸足で歩いたのだ。でも、足が汚れるのは不快だった。

それからまもなく、今度は夢の中で新しい靴をはいて歩いていた。足にあわなくてほんの数歩でその靴をぬいだ。

その次みた夢は、はいてきた靴はもう影も形もなく、かわりに違う靴が一足だけ靴箱に箱にはいったままおいてあるというものだった。箱をあけてみたが、その靴はあまり好みではなかった。

その時期の私は試行錯誤を繰り返していたのだろう。

その後、私の中で何かが確実にシフトチェンジした。

ここのところ、しばらく、靴の夢はみていない。

写真はうたたね枕(ラベンダーの香り袋入り)。

| | コメント (0)

080808

080808 08年8月8日。080808と8が並びました。

08年8月8日に北京オリンピックが開幕。中国では8は発展の数、この日に婚姻届を出す人がたくさんいるとか・・・。

とっても縁起がいいこの日、私の誕生日です!

8は復活、始まりの数でもあります。

私もきょうからまた新しい第一歩を踏み出したいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

写真は友人Mさんのバリみやげのカレンダー。お花は編集Tさんにいただきました。

| | コメント (0)

立秋

1 立秋です。

こよみ屋で購入した一年暦、春夏秋冬の4枚にわかれています。月の満ち欠けものってます。

8月7日から秋になりました。

暦の上では秋ですが、まだまだ暑いです(天気予報でよく言われるせりふですね)

陰暦では7月です。そういわれると納得ですね。

| | コメント (0)

魚河岸シャツ

Photo_2 マリィ・プリマヴェラさん&ヒーラーRちゃんとでかけた焼津。

Rちゃんが紹介してくれた焼津で流行っているという魚河岸シャツ。(写真提供マリィ・プリマヴェラさん)

お祭りを間近に控えて、売り切れがでるほどだそう。

売っているお店に連れて行ってもらったり、車で市内を走っているときにふつーに着ている人をたくさんみかけたり、ブームを実感しました。

ともて肌触りがよくて着やすいのだそう。Rちゃんいわく、こういうものが若い人たちに見直されるのはとてもいいことだと。

そういえば、ずいぶん長いこと、お祭りにはいってない。氏神様にきちんとおまいりして、神事にも参加しなくては・・・。

Photo_4 魚河岸シャツを着て、首にてぬぐいをまいてる人をみました。かっこよかったす。

下の写真は軽井沢のアウトレットで購入した月とうさぎのてぬぐい。

| | コメント (0)

風が通る家

Photo_2 ヒーラーRちゃんの家を訪ねた。

自然の中にあるその家はクーラーがない。

ドアと窓を全開にすると風が通っていくのを感じることができる。

クーラーがなくても充分涼しい。

観葉植物やパワーストーン、癒しグッズもたくさんおいてある。

そんな中に座っていたら、だんだん体が横になり、うとうとしてしまった。

写真は通販で購入した風鈴。暗いところでは月と星が光る。

鈴の音は神の声。風鈴の音がきこえる部屋は心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計

Photo 部屋の中にたくさん時計をおいている。

止まったままにしていた時計すべてに電池をいれた。

軽井沢のアウトレットで何年か前に購入した時計。

前に電池をいれても動かなかったのでこわれたと思っていた。今回だめもとで再チャレンジしてみたら動き出した。

付属品の接続が甘くて、すぐにばらばらになる。これもきっちりセットした。

止まっていた時が動き出した。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »