« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

披講

Photo マドモアゼル愛先生のお誘いをうけて、「第十回 星と森国際短歌大会」披講式・授賞式に参加させていただきました。

披講とは詩歌に曲節をつけて詠みあげること。

入賞歌の披講は愛先生から「きくだけで幸せになれる」「温泉にはいっているような心地よさ」というようにお聞きしていたのですが、まさにその通り。温泉にはいっているような暖かさ、心地よさでした。

聖地にいくと、温泉にいくような心地よさを感じるという話をきいたことがありますが、きっとそこに聖域が形成されるのでしょうね。

写真は会場の正面におかれた松。披講式のシンボルです。

Photo_2 下の写真は癒しフェアでも販売されていたマドモアゼル愛先生が新月の日にお作りになっている星のローズ水(ai-ROSE)。愛用しています。

| | コメント (0)

オーラ写真

Photo_3 オーラ写真というものをとってみました。

私のオーラは意外な色でした。

解説していただいたのですが、最近ひいたおみくじに書かれていたことと同じようなことを言われたりして、なかなか興味深かったです。

こよみ屋で購入したプリマヴェーラライフ社のカンカンポマンダー。精油を垂らして使うものです。以前ご紹介したスウィートドリームのスプレー(下の写真)も売ってました。同じシリーズで精油もあって、そちらはこのポマンPhoto_4ダーに垂らして使えたみたいです。

| | コメント (0)

海を渡ると運気が変わる。

Photo_5 海を渡ると運気が変わる・・・。というわけで海外へ・・・はちょっといけなかったんで、札幌にいってきました。

札幌では大好きなJRタワーホテル日航札幌に宿泊。、スカイリゾートスパ「ブラウブラン」のジャグジーにつかって夜景をながめるのを楽しみにしていたのですが、向かいに高層ビルがたったせいか(?)すべての窓にブラインドがかかっていて何もみえなくなっていたのがとても残念でした。

写真はホテルのエントランスにあるロゴマークのレリーフ。アメニティにも月がついているのがうれしい。最初に泊まったときはテンション↑でホテPhoto_6ルグッズを買いまくりました。下の写真はホテルオリジナルストラップ。

| | コメント (0)

ノイシュロス小樽

Photo ノイシュロス小樽。全室オーシャンビューの客室露天風呂つきリゾートホテル。小樽駅から10分くらい車でのぼっていったところ、崖の上のポニョにでてきた宗介君の住んでた家みたいなところに建ってるホテルです。目の前が一面の海。夜になると遠くに船の明かりだけがみえます。

ここのウリであるオーシャンビューの客室露天風呂がすばらしい!バスタブに腰掛けるとちょうど目の前に海。鳥の声がきこえます。雨女なのでやっぱりあいにくの天気でしたが、晴れていたら海に沈む夕陽や昇る朝日、月がきれいにみえるそうで、とっても残念。ずっと入っていたいと思うようなお風呂でした。

Photo_2 売店で売っていた絵葉書。小樽運河には運ガッパっていうのが住んでるらしいです・・・。

| | コメント (0)

運河の月

Photo 小樽で購入した運河の月。あまとうというお菓子屋さんのもの。このお店はマロンコロンというお菓子が有名です。

運とツキに恵まれる幸運のお菓子と書いてあったのでおみやげ用に購入。

実際の運河はこんな感じ。休日は人がたくさんいて、観光地って感じがすごくします。

もう一枚は以前とまったホテルノルド小樽のラウンジからみた運河。運河ぞいに建つこのホテルはクラシックな外見で、なかなかいい雰囲気。      

Photo_2

Photo_3

ラウンジのミルクティが思いがけずおいしかったです。

| | コメント (0)

きらの月

Photo_9 伊豆高原のきらの里という旅館のオリジナル商品。きらの月。

お部屋のお茶うけにもでてましたし、おみやげつきプランだったので、写真の品もいただきました。

Photo_10

緑の部分が月なんでしょうね。 

| | コメント (0)

お月さまいくつ

Photo_6  月のお菓子シリーズ第二弾。

友人Tちゃんの草津みやげ。

風味堂のお月さまいくつ、蒸しケーキです。パッケージと同じ絵のしおりがついていて、

お月さまいくつ、十三、七つ。

かわいい、かわいい、蒸しケーキ。

「お月さまいくつ」召し上がれ。

と書かれていました。

日本一有名な月のお菓子「萩の月」みたいな菓子です。

| | コメント (0)

小田原うさぎ・月のうさぎ

Odawarausagi 月のお菓子シリーズ第一弾。 デジカメの画像をパソコンにとりこんで、じっくりながめたらお菓子が多かったので・・・。お菓子は保存できないので写真にとって食べちゃうからでしょうね。

小田原駅のおみやげものやさんで買った小田原うさぎ。月とうさぎはよくあるけど、月とうさぎの耳が可愛い。菜の花という和菓子屋さんのどらやきです。中にバターがはいっていて、電子レンジで少し暖めてから食べるととってもおいしい。

カロリーの高いお菓子・・・です。

Photo_4 同じお店の月のうさぎというお菓子。栗まんじゅうです。

| | コメント (0)

京都嵐山

Photo_3 携帯でとった写真を新しい携帯にうつすことができなかったので、トライしてみた赤外線通信。

うまくいきました。1枚づつしか送れないので、とりあえず報国寺の竹林の写真と嵐山の竹林の写真、そのほか何枚かを新しい携帯へ。

というわけでブログで報国寺の竹林を紹介することもできました。竹林第2弾は嵐山の竹林。嵐山にいったのも2年前。秋の始めの頃でした。

Photo_4 野々宮神社からトロッコ電車の駅まで歩いていく道の両脇にある竹林。嵐山はかなり観光化されているけど、このへんはまだ自然がそのまま残っていて風情があります。

月とふくろうのティッシュケースは嵐山のお店で購入したもの。

| | コメント (0)

報国寺(鎌倉)

Photo2年前の春、 鎌倉のガイドブックなどを手がけたライターSさんんとライターSちゃんとでかけた鎌倉。

駅につくなり、「おいしい釜飯とおいしいうなぎとどっちがいい?」ときかれ、釜飯をチョイス。ランチの後、そこのお店のすぐそばの報国寺というお寺に案内されました。

報国寺は足利氏終焉の地。静かなたたずまいの禅寺。竹林の庭が有名です。

私は竹林が大好きなんで思いがけない展開に「ほんとにきてよかった」と大感動!

木漏れ日がさしこむ竹林を歩いていると癒されます。

後から、ここがJR東日本のコマーシャルで紹介されたこともある、とても人気のあるお寺だということを知りました。

今年の成就院もそうですが、鎌倉にいくときはいつもライターSさんとライターSちゃんに案内していただいて、ディープな鎌倉を堪能しています。

報国寺にいった年の秋は絶対紅葉をみにいくと決めていたのに、体調を崩していけませんでした。

今年こそ!

| | コメント (0)

新しい世界への扉を開く鍵

Photo 今やお客さんの域をこえて、お友だちレベルにまで近づきつつあったCDショップが閉店した。

音楽をダウンロードする人がふえて、CDが売れないのだという。大きなチェーン店はともかく、個人営業の店はやっていけなくて、その近辺では今年までに7軒が店じまいしたのだそうだ。

CDショップすべてが5年以内になくなるに違いないから、30年以上この仕事をやってきたけど、違う仕事を探すという。

本や雑誌も売れない時代、生き残りをかけてみんな頑張っている。

店主は人なっつこくて、お店にいくと商売っけなく、楽しい話をしてくれた。閉店を惜しむ人は多い。家族もいるし、年齢制限もあるし、前途は多難だろうけど、何だか悲壮感がない。

「大変だけど、新しいことが待ってるって何だか楽しみだよね」と言う。

誰にでもいつかは大きな変化がやってくる。そのときに現状にしがみつかないことが新しい世界への扉を開く鍵なのだと思う。

前向きな気持ちがあればきっと未来は開ける。きっと。

写真はNight Music という名前のドイツワイン。大きいのと小さいの小さいのは友人Mさんからのいただきもの。

| | コメント (0)

気持ちはわかるけど・・・。

Photo_2ライターSちゃんがタロットの無料サイトにトライしたところ、「死神」のカードがでたのだという。で、もう一度やってみた。また同じカードがでたので、さらにもう一度。3回とも「死神」のカードだったのだそうだ。

よくない結果がでたとき、もう一度やってみたいという気持ちはよーくわかります。かく言う私も、この仕事を始める前、浅草寺で「凶」のおみくじがでたので、3回引き続け、全部「凶」で、どーんとおちこみました。

偶然性を利用した占いは不思議で何度やっても同じ結果がでる可能性が非常に高い。

同じことについて何度も占ってはいけないのです。だいたい半年ぐらいはあけたほうがいいと思います。

「死神」のカードは生まれ変わることを意味していますから、きっとSちゃんには悪いことがおこるというよりは、大きな変化があるのだと思います。

タロット占いに興味がある方は是非こちらをお試しください。

小泉茉莉花プレディクションタロット http://payon.svc.ocn.ne.jp/prediction/

月グッズは三日月が描かれたレリーフ。よくみると何だかいけてない顔してますね。

| | コメント (0)

最近のお気に入り

Photo 最近のお気に入りは鮎の形をした和菓子。中に求肥が入ってます。

お店によっていろんな商品名がつけられていますが、写真は本高砂屋のずばり「鮎」。求肥のまわりに少し餡がはいってます。

私は餡子は苦手なんですが、すこーしくっついているぐらいなら大歓迎。赤福とかだーいすきなんですけど、すこーし餡子を残して、おもちの部分だけ食べるんです。そのことを友人にいったら、赤福みるたびに私を思い出すといわれました。変ですかぁ?

鮎のお菓子をみつけて買おうかどうしようか迷っていたら、お店の方が丸一個あけて試食させてくださいました。あけちゃったんで全部食べていいですよといわれ、半分ぐらいいただきました。どっしりしていてまずまずだったので2個購入。一個試食にだして2個売るってのはどうなんでしょう。

家に帰って、包装紙をよーくみたらなんと月がついてました。なんだか得した気分。

| | コメント (0)

占いの力

Photo バリ島大好きMちゃんは今回は珍しい月グッズを探してくれたということで、ボタンとこのフックをおみやげにいただきました。

Mちゃんがバリで占いをした話をしましたが、2度目にいったのは、自分のことを知りたかったというよりは、深刻な悩みを抱えた同行者が占ってもらいたいといったからでした。

その人は2時間おきに目がさめてしまってなかなか眠れないという心身ともにぼろぼろの状態。自分なりに結論はだしてはいたものの、やはり「これでいいのか」という迷いがあったのだそうです。

バリの占い師が何を告げたかまではわかりませんが、占いをしてもらった後、かなり心穏やかになったようで、だんだんと夜中に目覚める回数がへって、旅行の最後の日ぐらいにはぐっすり眠れるようになったのだとか・・・。今はとても明るく前向きな気持ちですごしているのだときいてほっとしました。

もちろん、神秘の島バリの土地の持つパワーに癒されたということも大きいと思いますが、今さらながら、そんな話をきくとやはり、占いが人の心を癒す力ってすごいなと思います。

私は原稿を書くことが仕事なので、読者の直接の反応について知ることはできません。私の書いた占いを読んで、未来に希望をもってくれたら・・・、少しでも力になれたら・・・と思っています。

| | コメント (0)

バリの占い師

Photo バリ島大好きMちゃんにおみやげにいただいたボタン。

上は2っ穴があるけど、下のはひとつしかない・・・。

手間がかかるけど、服のボタンをこれにつけかえたら可愛いだろうな・・・。

Mちゃんは自分でも言ってるけど、占いとかぜーんぜーん信じないタイプ。だから、バリで占い師のところに行ったと言うのをきいてびっくり。「結婚するー離婚する、結婚するー離婚する(結婚しても必ず離婚する)」といわれたと笑い話みたいに語っていたのだけど、今回、同じ人のところにまた行ったのだという。で、前回の結婚ー離婚は通訳が微妙なニュアンスをうまく伝えてなかったので、意味が少し違っていたのだそうだ。「今年サプライズがある(やはり?結婚ってのはないらしいが)、沖縄がキーワード」と告げられたのだという。沖縄料理屋にいくぐらいではだめらしいので沖縄旅行かしら。とすっかりその気になっちゃいました。

恐るべし! バリの占い師。

星占いでも、彼女は蟹座なので、いいパートナーとの出会いがあるんじゃないかと思う。後半の展開が楽しみです! 

| | コメント (0)

崖の上のポニョ

Photo 崖の上のポニョをみました。

ジブリものはほとんどみてますが、これはその中でもかなり子供向け。

有名な童話がベースとなった可愛いお話です。

特に、主人公の5歳の男の子がとっても可愛い。

月グッズは「金魚の夢」というタイトルの便箋。

強く願って、それにむけて突き進んでいけば夢はきっと叶う。そんな作品です。

| | コメント (0)

正義の味方

Photo 「しんしん信州」というウルトラマングッズ。ボールペンとメモ帳。何で信州でウルトラマングッズなのかと思い調べたところ、ウルトラマンキャラクターを使ったご当地グッズ作ったということらしい。東京、大阪、北海道。京都、信州の5種類。

信州バージョンはウルトラマンが妖精になって森を守っているというイメージ。

ウルトラマンといえば正義の味方。

というわけで???、水曜10時日本テレビの「正義の味方」みました。

コーラスで連載されているときから大好きで、悪魔のような姉の行動にスカッとしてたんですけど、最近ちょっとスカッ感が薄れてきてました。

テレビドラマとっても楽しみにしてたんですけど、見終わった後、やっぱりあんまりスカッとしなかった・・・。おもしろさが伝わってないです。

容子役の志田未来ちゃんはイメージにぴったり。

星座でいえば、槙子は女王の獅子座だろうなぁ。華やかでエリートコースまっしぐらで自己中。プライドが高いので自分からアプローチかけたりしない。容子は、これが難しい。コーラス誌上では最近甥のめんどうをよくみてるし、姉のめんどうもみてる(みさせられてる)わけだから蟹座かなぁ・・・。

今後に期待しましょう。

| | コメント (0)

花より男子F

Photo_5 花より男子F。テレビドラマのパート1からみています。映画もみました。が、原作は読んでません・・・。

道明寺がつくしにプレゼントする土星のペンダント。二人とも土星人だから・・・。土星人とは? 

土星人と設定されているのに、星座を推察するのはどうなんだろうとも思うけど、あえて言うならば、テレビシリーズと映画を見る限りでは、道明寺のオレ様ぶりはおひつじ座っぽい。単細胞だし。逆境にたつほど恋も燃え上がる。つくしも同じ星座なんだろうな。似た者同士。

映画のラストシーン近く、つくしが「ああ、牧野つくしってこんな女の子だったよな」って思い出させるような行動にでるシーンが好き。やっぱりそうこなくっちゃ!

土星のペンダントならぬ、月のペンダント。中の月はくるくるとまわります。

| | コメント (0)

CHANGE

Photo_2 フジテレビの月9、「CHANGE」をみていて、ずっと主人公の朝倉総理の星座はうお座ではないかと思っていた。

星をみるのが好きなロマンチスト。人から強くいわれると断れない。ピュアな心の持ち主で、人に対して優しいので周囲から守ってあげたいと思わせる。などなどうお座の性格にぴったりあてはまっていた。

そしたらなんと7日の放送で、「うお座の星占いがよかったから・・・」と本人がいっているではありませんか・・・。

やっぱりねぇ。以前、テレビドラマの主人公の占いをしたことがあったけど、主人公の星座や血液型が設定されている、あるいは無理やり決めてもらったということもありました。CHANGEの脚本家は朝倉総理がうお座だって決めて書いていたのか、星座をだすことになってうお座的だと思ったのか・・・・。

他のドラマの主人公についても推察してみようっと・・・。

月の上にくまがねそべっているマグカップ。12ヶ月、12種類の絵柄があって、月が描かれていたのが11月のみでした。11月なら何日でもよかったのですが、せっかくなので人気NO1の男性の誕生日である13日にしてみました。だーれだ?

Photo_4 木村拓哉ファンSちゃん提供のCHANGEティッシュとCHANGEヌードル。最近番組タイアップでいろんなものがでてるんですね。

| | コメント (0)

七夕

Photo_7

七夕です。太宰府天満宮の七夕祭に短冊を書いてお願いごとをしたのだけど、叶うといいな。

STAR JEWELRYのENERGIESをテーマにした08年のサマーコレクション。クリスタルの中に星と月がはいっています。

バックにカタログを敷いてみました。真ん中が本物。

ほんとはリングを買いにいったのですが、思ったよりごっつかったのでペンダントにしました。

| | コメント (0)

成就院(鎌倉)

Photo

6月もそろそろ終わりというときだったので、もうシーズンはおわっているなとすっかりあきらめていた紫陽花。

その何日か前に朝日新聞の夕刊に鎌倉成就院の紫陽花は今が見ごろときれいな写真とともにのっていたので、もしかするとと思っていたら・・・。

幸運なことにとてもきれいに咲き誇る成就院のあじさいをみることができました。

除夜の鐘の同じ数という108段の階段をのぼると、そこには人、人、人。

その間からようやくみれた目の前に広がる風景。下りの階段の両側に紫陽花の花。そのむこうには由比ガ浜の海。それはそれはきれいで、感動的でした。

あじさいは般若心経と同じ262株なんだそう。

成就院のご本尊は縁結びの不動明王。その名のごとく、願いが成就するという意味もあるのだろうなと思ったら、縁結び、所願成就の成就院でした。

また、不動明王の身代わりお守りは飛行機に乗る人にご利益があるのだそう。私は飛行機が苦手で、すごく不安にかられるときがありますが、そういうときにはお参りにいこうと思います。

| | コメント (0)

鎌倉海老

Photo_2 海老大好きの私。海老好き仲間と海老ばっかり食べる会をやっています。今回は鎌倉海老を食すがテーマ。

鎌倉のひさご亭というとうふ懐石のお店で鎌倉海老をいただきました。ひさご亭はもともとは昭和初期にたてられたお屋敷だったとういだけあって、レトロでなつかしい雰囲気のお店。

一般的には伊勢海老とよばれているエビですが、鎌倉沖でとれたものを鎌倉海老とよんでいるのだそうです。

お造りと釜揚げをオプションでとったのですが、この後、これを味噌汁にしてくださいました。

Photo_3 というわけで月グッズ紹介はお椀。和モノといえばやっぱり月とうさぎが定番です。

| | コメント (0)

HENRI LE ROUX(アンリ・ルルー)

Photo HENRI LE ROUX (アンリ・ルルー)のガレットブルトンヌ(左)とガレットブルトンCBS(右)。ナチュールとショコラの2種類あります。

編集Iさんに以前いただいてとってもおいしかったので、探していたのですが、みつからなくて、お聞きしてみたところ、新宿伊勢丹のみで販売されているのだそう。思いがけず、また送っていただきました。

このガレットブルトンCBSのナチュールがとってもおいしい。いろいろ食べ比べてみましたが、今のところ、ここのがダントツNO1です。

ガレットブルトンは今回初めて食べましたが、これもとってもおいしかったです。

月が描かれたマグカップ。月と×って、これほんとに月かなぁ・・・・。ちらっとみえてますが、中にカフェオレならここまでいれるっていうようなメモリがついてます。

| | コメント (0)

愛がいっぱい

Photo_6 先日、銀座の大通りを歩いていたら、郵便局の出店で切手が売ってました。

なかなか手に入りませんというお言葉についつい買ってしまった福井県の一筆啓上というタイトルの切手。

愛がいっぱいでーす。

月をバックに盆踊りしている切手をのせてみました。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »